O

山形大学紀要(医学)掲載の学会報告の取扱いについての申合せ

1.掲載の対象

掲載の対象は以下の要件を満たす学会報告等の抄録(以下「抄録」という。)で,委員会が適当と認めたものとする。

(1)本学部教職員が当該学会の運営主体であり,責任講座(教授)及び責任者が明確である。

(2)当地方において定期的に開催される医学及び関連分野の学会(懇話会ほかを含む)である。

(3)「山形大学紀要(医学)投稿規程」に準拠し,一定の書式で継続して投稿の予定である。

2.抄録の言語

抄録の言語は,邦文または欧文とする。

3.抄録の長さ

抄録の長さは,演題1件につき 400字以内とし,刷り上がりでおおむね 1.5頁以内(1,200字 × 4枚=4.800字,目次
は掲載しない。)とする。ただし,やむを得ない場合に限り,委員長は刷り上がりの頁増を認めることができる。

4. 抄録の受理

上記の要件を満たさない抄録は,原則としてこれを受理しない。

5. 抄録の審査

抄録の審査は,委員長若しくは委員長が委嘱する委員1名が審査を行う。

6. 抄録の掲載

抄録の掲載は,全頁数のおおむね10%を目安とする。

7. その他

その他この申合せに記載のない事項については,「山形大学紀要(医学)投稿規程」ほかに準拠するものとする。

  附 則

この申合せは、平成 9年 8月 1日から適用する。

  附 則

この申合せは、平成11年 1月 1日から適用する。

  附 則

この申合せは、平成11年 4月 1日から適用する。