山形大学紀要(医学) 第35巻 第2号(2017)115-118

下肢動脈distal bypassの工夫
−冠動脈バイパス手技の応用−

内田徹郎,浜崎安純,黒田吉則,山下 淳,林 潤,貞弘光章


 Distal bypassの手術手技は冠動脈バイパス術(CABG)と共通点を有する。今回、CABG手技を応用し たdistal bypassと内視鏡下の大伏在静脈(SVG)採取を行った症例を提示する。症例は、重症虚血肢 (CLI)の72歳、女性で、左下肢の安静時痛、下腿皮膚潰瘍および足趾壊死を認めた。左浅大腿動脈から 膝窩動脈の閉塞に対し、distal bypassを施行した。内視鏡下に約3cmの皮膚切開創から、大腿全長と下 腿1/2長のSVGを採取した。SVG剥離後の皮下トンネルにSVGを導き、深大腿動脈に6-0ポリプロピレン 糸の連続縫合で端側吻合した。後脛骨動脈へのSVG吻合は心拍動下CABGと同様の手技で行った。後脛 骨動脈はテーピング、遮断ともに行わず、ビーバーメスで血管前壁の小範囲を剥離、切開した後、シャ ントチューブを挿入した。7-0ポリプロピレン糸を用い、SVGのtoe 3針、heel 1針(パラシュート法) でSVGを後脛骨動脈に引き寄せ、側面を連続縫合した。CO2ブロワーを使用し、吻合中の無血視野を確 保した。術後は下腿潰瘍の治癒とともに足趾の壊死部分の境界が明瞭化し、引き続き足趾切断を施行 し、大切断を回避した。CABGで培った経験と技術はdistal bypassに応用可能であり、低侵襲な内視鏡下 SVG採取と相俟ってCLI症例におけるdistal bypassの成績向上に寄与すると考えられた。

キーワード:Distal bypass、冠動脈バイパス術、内視鏡下大伏在静脈採取


Distal Bypass in Patients with Critical Limb Ischemia using Coronary Artery Bypass Technique

Tetsuro Uchida, Azumi Hamasaki, Yoshinori Kuroda, Atsushi Yamashita, Jun Hayashi and Mitsuaki Sadahiro

Distal bypass is the most effective therapeutic procedure for the patients of critical limb ischemia (CLI) even in the era of endovascular therapy. However this operation is thought to be technically difficult for cardiovascular surgeons who were unfamiliar with peripheral vascular surgery. We have applied coronary artery bypass grafting (CABG) technique to distal bypass and also employed endoscopic harvesting of saphenous vein graft (SVG). A 70-year-old woman suffered from CLI underwent left distal bypass with SVG. A SVG was harvested with the aid of endoscopy via tiny skin cut made in the left leg. The distal anastomosis of SVG was performed at the same manner for beating heart CABG. The manner for setup and instruments placement of CABG were thought to make distal bypass technically less demanding and familiar to general cardiovascular surgeons. We recommend consideration of these techniques as useful and less invasive alternatives to conventional distal bypass operation.


Key words : distal bypass, coronary artery bypass grafting, endoscopic saphenous vein harvest



論文PDFファイル (278KB) はここをクリックしてください
Full Text PDF File (278KB)




目次・Contentsに戻る