山形大学紀要(医学) 第35巻 第2号(2017)69-77

思春期がん患者の予後告知に至る要因の検討
−看護師が体験した事例の分析から−

佐々木るみ子,佐藤幸子,今田志保


 本研究では、予後が不良な状況の思春期がん患者へ予後告知に至った、あるいは至らなかった要因を 帰納的に抽出することで、思春期がん患者のエンドオブライフ期でどのようなことが予後告知に至る要 因になっているのかを明らかにすることを目的とした。小児看護経験が3年以上で、思春期がん患者や その家族のエンドオブライフケアに関わったことのある看護師8名をインタビュー対象とした。対象者 8名の語りの中で、属性、告知の状況、要因の項目について全ての語りがあったのは7事例だった。 7事例中、予後告知に至った事例は1例、予後告知に至らなかった事例は6例だった。予後告知に関す る要因は17のカテゴリーと26のサブカテゴリーと41のコードが抽出された。また、これらのカテゴリー は子供、家族、医療者、病気の4つの領域に分類された。予後告知に至った事例では、【子供の心の準備】 【家族の心の準備】【告知に対する慣習】【子供に分かりやすい病状】など予後告知に至る要因の子供、 家族、医療者、病気の4領域が整っていた。また、予後告知に関する4領域の要因中、1領域の要因で も整っていないと予後告知に至ることはできていなかった。以上のことより、思春期がん患者が予後告 知に至るためには【子供の心の準備】【家族の心の準備】【告知に対する慣習】【子供に分かりやすい病 状】などの予後告知に至る要因を子供、家族、医療者、病気の4領域でアセスメントする必要があり、 予後告知を進めるためにはそれらの要因を整えていくことが重要であることが示唆された。

キーワード:思春期がん患者、予後告知、事例分析、エンドオブライフ


Factors related to prognosis disclosure in adolescent cancer patients: A case analysis of nurses’ personal experiences

Sasaki Rumiko, Sato Yukiko, Konta Shiho

This study aimed to clarify factors related to prognosis disclosure in adolescent cancer patients during end-of-life care. Data regarding factors that lead and do not lead to prognosis disclosure were extracted and evaluated. The interview subjects were eight nurses who had more than three years of pediatric nursing experience and were involved in end-of-life care of adolescent cancer patients and their family members. Of the 8 interviews, the narratives of sex, disclosure status, and all factor items were obtained from 7. Of these 7 cases, prognosis disclosure was noted only for 1. A total of 17 categories, 26 sub-categories, and 41 codes were extracted as potential factors associated with prognosis disclosure. These categories were classified into the following 4 broad areas: 1) Child: mental preparation, 2) Family: mental preparation, 3) Medical staff: culture of disclosure, and 4) Disease: ease of explaining the pathology to children. Disclosure was not achieved if even only one of these was deficient. The above results suggest that it is necessary to assess factors from these 4 areas when deciding whether or when to disclose to the adolescent cancer patient their prognosis. It is important to establish these factors in order to achieve prognosis disclosure.


Key words : adolescent, cancer, disclosure, prognosis, case analysis, end-of-life



論文PDFファイル (1,048KB) はここをクリックしてください
Full Text PDF File (1,048KB)




目次・Contentsに戻る