山形大学紀要(工学) 第7巻 第1号(1962)243-256

Unsteady Flow of an Electrlcally Conducting, Viscous and
Compressible Fluid near an Infinite Flat Plate

Masakazu KATAGIRI




無限平板附近の電導性圧縮性粘性流体の非定常流

片桐理和

 磁場が流れに垂直に与えられているもとで一様な速度で電気的伝導性を有する圧縮性粘性流体の中を運動する無限平板の近くの流れに関して調べる。流体との相互作用により誘起される磁場を無視するという仮定のもとで,平板附近の流れに境界層近似を行い級数展開により解析的に議論を進め流体の速度分布及びエンタルピーの分布が得られる。これより平板の運動による摩擦抵抗及び,流体から平板への熱伝達率を求め,磁場は前者よりも後者により多く影響を及ばしていることが知られる。



本文ページです。見たいページをクリックして下さい。(解像度が低いため、鮮明な画像が必要な場合は原本をご参照下さい)

p. 243 p. 244 p. 245 p. 246 p. 247
p. 248 p. 249 p. 250 p. 251 p. 252
p. 253 p. 254 p. 255 p. 256

目次・Contentsに戻る