山形大学紀要(工学) 第7巻 第1号(1962)235-242

Flow Formation in Couette Motion in Magnetohydrodynamics

Masakazu KATAGIRI




電磁流体におけるクウェットの運動による流れの形成

片桐埋和

 クウェットの運動による流れの形成は,通常の流体力学では,非定常境界層の流れに関する研究の基礎的研究として知られている。本論文では,磁場が流れに対して垂直に与えられている場合の,電気的伝導性を有する非圧縮性粘性流体のクウェットの運動による流れの形成を調べる。流体中を流れる電流により誘起される磁場を無視するという仮定のもとで解析を行った。運動の初期の段階では流れの形成に及ぼす磁場の影響は殆んど見られないという結論が得られる。これから電磁流体力学における非定常境界層の取扱いは,運動の初期の段階では従来の流体力学におけると同様に,時間の巾での級数展開を行うことにより可能であることが見出される。



本文ページです。見たいページをクリックして下さい。(解像度が低いため、鮮明な画像が必要な場合は原本をご参照下さい)

p. 235 p. 236 p. 237 p. 238 p. 239
p. 240 p. 241 p. 242

目次・Contentsに戻る